交通事故が発生した場合の弁護士の仕事内容です

by author



弁護士は様々な業務をこなしていますが、中には交通事故に特化した法律事務所があります。
交通事故に特化した法律事務所は初回の相談料は30分間無料で可能になっており、無料で相談してから正式に依頼することができます。



正式に依頼した後は何度相談しても無料になっていて交通事故の場合には着手金や成功報酬を示談が成立してから支払う制度がほとんどです。

自動車の任意保険には弁護士特約がついていますが、特約に加入している人なら全ての法律事務所で弁護士特約を使うことができ、全国共通になっています。


相手の保険会社と話し合いに終始が付かない場合には弁護士が依頼者の法定代理人として裁判で戦ってくれます。


依頼する場合には委任状に氏名と住所を記載して捺印を押すだけで契約が成立するために、動力を使わずに依頼することができます。

裁判になった場合には依頼者も一緒に出向くこともありますが、弁護士が全てをアドバイスをするため、弁護人に言われた通りに発言することになるでしょう。

どんなに被害者でも優秀な弁護人が弁護をしないと負ける可能性もあるために、優秀な弁護人を立てる必要があります。

依頼してから示談が成立するまでは非常に長い時間がかかりますが、途中経過として状況が変わる度に法律事務所から報告が郵送や電話でくることになります。

産経ニュースの為になる情報です。

大手法律事務所になると一人の依頼者に対して複数名の弁護人がつく場合がありますが、複数名の弁護人が弁護することで有利になる場合があります。