交通事故の悩みを弁護士がサポート

by author



交通事故に遭うと、病気の治療とあらゆる手続きを並行して行わなければなりません。

書類も複雑で、馴染みのない医学用語が出てくれば、さらに手続きが面倒に感じることもあるかも知れません。手続きは単に書類を記入するだけではなく、示談交渉など加害者側とのやり取りや話し合いがついて回ります。

朝日新聞デジタルの情報がわかりやすく紹介されています。

疲弊した状態では冷静な判断力を失うばかりか、今後の生活設計に悪影響を及ぼす危険もあり、自力で手続きを進めることには限界があります。


交通事故による示談交渉は、加害者側の保険会社と行うケースがほとんどですが、会社にはマニュアルも知識も備えており、よほどの事情がない限り、単独で立ち向かう事はお勧めできません。



会社が有利になるように話し合いを進めてきたり、本来受け取ることができる損害賠償額よりもはるかに低い額を提示することはよくある話です。



早く交渉を終わらせたいばかりに保険会社の言うとおりにサインをしてしまえば、自身だけでなく家族も不幸にしてしまい、取り返しのつかないことにもなりかねません。

交通事故に関することは、専門家である弁護士に相談するのが一番です。

弁護士を選ぶポイントは、交通事故が専門であることです。

弁護士であれば誰でも良いというわけではなく、過去に数多くの交通事故の案件を処理した実績があり、専門知識が豊富な弁護士に依頼するのが解決の早道になります。

次に、料金システムが明確であるところです。

弁護士費用がどれくらいかかるのかを事前に確認し、不安なく手続きを進めていくことが肝心です。