重大な交通事故には国選弁護士がつきます

by author



交通事故で加害者側になってしまう可能性は自動車に乗っている人なら誰でもあるでしょう。
しかし、通常の交通事故なら良いのですが、被害者側が死亡してしまった場合には警察に逮捕されることになります。



警察に逮捕されてしまうと外部と連絡を取ることができなくなるため、自分で弁護士を探すことができなくなってしまいます。ですが、交通事故が死亡事故になってしまった場合には裁判にかけられて判決ができますが、弁護士がいないと裁判をすることすらできません。

本人は弁護士を探すことができませんが、国が強制的に国選弁護士を加害者側につけて裁判を開始します。

国選弁護士からと言っても平等な立場ではなくて、加害者側の刑罰を減らすことが本来の仕事になります。
国選の弁護人の費用は本人が負担するのではなくて、国が弁護費用を全額負担するために、税金で弁護費用を支払っていることになります。

そのために、国は少しでも税金を使わないためにも重大な交通事故のみしか国選の弁護人を使うことはないでしょう。

しかし、早期解決をするためには国選弁護人ではなくて、私選弁護人に依頼する方がスムーズに進むことがほとんどです。
国選弁護人は裁判で判決がでると終了ですが、私選弁護人の場合には判決に納得がいかない場合でも依頼することが可能です。

エキサイトニュースに関するご案内です。

また、国選弁護人とは違い、私選弁護人は依頼者に有利になるように様々なアドバイスをもらうことができる大きなメリットがあります。