海外で交通事故に遭遇したら国際弁護士に任せよう

by author



海外旅行中に交通事故に遭遇した場合には、交通事故が発生した国の法律で判決がでることになります。


しかし、海外で弁護士を探しても現地の言葉や英語になるために、弁護士に依頼することが非常に大変です。

ですが、言葉が通じないからと言って諦めることは決してしてはいけません。


海外旅行中でも日本の弁護士に相談することによって海外でも対応することができる法律事務所も存在します。

一般の弁護士では海外での弁護活動をすることを禁じられていますが、国際弁護士は海外での弁護活動ができる資格を取得しています。



そのために、、海外で裁判になっても必死に弁護をしてくれるために海外で交通事故に合ったら国際弁護をしている法律事務所へ依頼しましょう。

しかし、当事者が日本に帰国してきた場合には日本で裁判をすることができる可能性があり、日本で裁判をした場合には日本の法律で判決が下されます。



任意保険の特約に加入している場合には弁護費用の心配がないために、海外旅行に行く前には必ず任意保険の特約をしっかりと確認する必要があります。

海外旅行に行った場合には日本の交通ルールとは異なるために意外にも交通事故が多いのが現状です。

産経ニュース情報が探せます。

ですが、ほとんどの人が海外で交通事故に遭遇した場合には泣き寝入りをしていることが明らかになっています。

過失割合を決める場合にも事故を起こした国の判例に基づいて決めるために納得がいかない場合がありますが、これは、しょうがないことでしょう。