交通事故で弁護士を雇う手順

by author



交通事故にあったあと、弁護士を雇うタイミングは、ケースバイケースとなります。
しかし、なるべく早い段階で相談をしておいたほうが、納得のいく解決へつながる可能性が上がります。

交通事故にあったら、その場で謝罪をされ、警察には電話しないでほしいとお願いされることがあります。しかし、人身事故の場合には、被害者の側にも警察への通報義務があります。



警察へ連絡をしないと、罪に問われることもあるので注意をしておきましょう。

物損事故のみの場合でも、やはり警察へ連絡をするのは義務です。



その後、怪我を負ってしまった場合には、しばらくは動けないので、弁護士を探せないかもしれません。

弁護士はだれでもいいというわけでもないので、怪我が回復してから探したほうがいいでしょう。
その間は、保険会社の担当者などが示談に来ることもあるかもしれませんが、納得をしていないのに示談書にサインをしてはいけません。
納得をしていたとしても、後で調べたら慰謝料の相場はもっと上だったというケースもあるので、十分に調べて納得をするまでは、示談書にサインはしてはいけません。


口約束でも契約は成立してしまうので、安易に相手の言葉に同意はしないようにしておきましょう。

怪我が回復して動けるようになるまでは、家族や友人を頼って、弁護士を探してもらうという手もあります。
いずれにしても、できるだけ早い段階で相談だけでもしておきましょう。


交通事故の慰謝料は、弁護士に依頼をすることでほとんどのケースで増額がされます。

OKWaveの補足説明を致します。